第5話をアップしました

「気仙沼紫市場物語」の第5話をアップしました。

今回は、紫会館避難所で男性用の食事を一手に引き受けていた、居酒屋「まるきん」店主の鈴木光浩さんのエピソードを中心に、避難所での食生活をレポートしました。

避難所によって食の格差があった事に、現実のシビアな事情を感じました。

メニューバーの「気仙沼紫市場物語」から入ってください。

5年

東日本大震災の日から今日で5年。

復興住宅の建設も進み、真の復興がいよいよ始まったように思います。

私も、南町の復興住宅に設置される予定のモニュメント作りに参加させていただく事になりました。

かつての温かで活気のあった南町商店街を思い出してもらえるようなものを作りたいと思います。

 

紫市場商店街も今年の秋には閉鎖されて、一部の店舗は南町に建設される建物に移ります。

私は今後も漫画を描き続けて(製作が遅く恥ずかしいのですが)、応援し続けたいと思います!

第6話をアップしました

「3.11気仙沼紫市場物語」第6話をアップしました!

4、5、6話と同時進行で製作していまして、早く完成した6話を先に公開します。

気仙沼で創業80年を越える老舗の酒屋さん「本間屋」のご主人の驚くべき津波体験と、街の復興への関わりを紹介します。

 

2015年9月19日、一年振りに気仙沼に帰省しました。

以前よりも重機の音が街に響き、やっと新たな街の建設がスタートしたのだな、と感じました。 南町の公営住宅もいよいよ建設開始。共同テナントはその後だそうです。

気仙沼復活の熱気を感じます!

皆さんぜひ気仙沼に足を運んで、美味しいものを食べて行ってくださいね!

P1070074

 

 

第3話をアップしました

予定よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、漫画「気仙沼紫市場物語」の第3話をようやくブログにアップすることができました。

気仙沼市の老舗とんかつ店「勝子」さんの御家族の被災体験と、その際に起こった今後大きな災害にあったときに参考になるような事柄を、ほんの一部ですが描いてみました。

ぜひ機会がありましたら、紫市場の「勝子」さんのとんかつを召し上がってください!

また今後も「気仙沼紫市場物語」は続きます。

なお、このブログ内の漫画は全て転載可能ですので、ご自由に使用していただいて構いません。その際にご一報いただけるとありがたいです。

村上茂雄

祝・喫茶「マンボ」再開店!

私の同級生、岩本秀之君が経営している気仙沼の超老舗喫茶店「マンボ」が、4月30日に紫市場商店街から出て、新店舗で再開店しました!

気仙沼の復興情報が早い下記のサイト様でも紹介されております。ぜひご覧ください。

http://kechu20.blog94.fc2.com/

新たな船出を応援しています!

こだわりのイチゴが大量に乗った季節限定の「イチゴババロア」はまだ食べられるかな?

開店前に漫画で紹介するはずだったのですが、現在制作が中断しております。

なんとか態勢を整えて早く再開したいと思っています!

 

 

第3話を配信開始しましたが…

3月23日配信を目指して第3話を制作していましたが、作業が遅れてしまい、完成したものから順にアップする事にしました。

楽しみにしていた方、申し訳ありません。出来次第ページを加えていきます。全9ページです。

第3話は、気仙沼で知らない者はもぐりだ、と言われる程市民に親しまれているとんかつ店「勝子」の小野寺さん親子の体験された事のほんの一部を漫画にしました。

村上茂雄

明日、震災から3年

明日、3月11日で2011年の東日本大震災から丸3年が経とうとしています。

震災は決して終ったわけではなく、真に街が甦るまでは被災地で震災は続いているのだと思います。

そして、真の復興にはまだ長い時間を必要としています。その日まで心のどこかに被災地の事を思っていていただきたいという思いから、このブログを始めました。

3月11日、午後3時50分より放送されるTBSテレビ「Nスタ」では3年目の東日本大震災が特集され、その中で私のマンガブログも紹介していただく事になりました。もう一度あの日の事を思い出し、震災の事、また今後の防災の事などを改めて考える良い機会だと思いますので、ぜひご覧下さい。

また「紫市場物語」第3話は、23日配信を目指して制作中です!

村上茂雄

asahinenga